オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

東京都西多摩郡にて、外壁塗装前のクラック補修作業を行いました


こんにちは。街の屋根やさん上尾店です。
更新が滞ってしまい、申し訳ございませんでした。楽しみにされていたお客様、お待たせいたしました!

今回は外壁を塗装する前にクラックと呼ばれるひび割れの補修を行ったので、ご紹介していきます。
このひび割れをそのまま放置すると、そこから雨水が入って内部の腐食に繋がったり家の耐久性を落とすような影響が生じてくる危険性があります。雨漏りの原因となることもあるので、お早目に対処をお願いしたいと思います。
このひび割れ、経年劣化によるものが基本的には多いですが、地震などの外的要因から起こることもあるのです。そういった場合、火災保険にて対応できることもございますので、是非ご相談ください。
a33b12ebaf3a3922ee81fcdeec925f55-columns2
d59db540eeda3878d6e86c9bb203b3a3-columns2
まずクラックに対して専用の刃をつけた機械で溝をつけていきます。
Vカット処理と呼ばれる作業になります。
外壁のクラックの補修の際、いつもVカット処理をしていくわけではありません。写真のような大きなクラックの場合、補修剤を充填するだけでは奥まで補修剤が行き届かないことが多いのです。深い部分まで補修剤を充填できるよう、溝をつけていくのがVカット処理になります。

Vカットをしてみると大きな割れが生じている場合があるので、大きく削って塗装をしていくことで元の壁の状態に近いものになるよう直していきます。
12a960c6f1c373b1f0538b3b37ca7a70-columns2
4f1eb531b8467e0b54aa40f53f5e2950-columns2
溝の部分に補修材を充填していきます。コーキング剤を充填していくことで気密性や防水性を高めます。

7e11c866dc5f73ff9ff9004d87537731-columns1
さらに補修材を塗布し、これで下地処理は完了です。下塗り前の大切な処理になります。
この後乾燥させてから、外壁塗装の下塗りに入っていきます。

次回のブログでは、外壁の下塗りから上塗り完成までをご紹介していきたいと思います。

「壁のひび割れがあるけど、現状どのような状態でどんな作業での塗装になるのか」そういったお悩みをお持ちの方がいらっしゃいましたら、お気軽に街の屋根やさん上尾店までお問い合わせください。調査させていただきますのでお任せください!

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

CIMG1211-2

こんにちは。街の屋根やさん上尾店です。今回は上尾市で雨樋から隣家への水漏れが心配なので見てほしい、とご連絡をいただき調査に伺いました。また、物置に変色している箇所があるとのことで、そちらも見させていただきました。後日塗装させていただきました...........

777551f38d0310c7dd2ac06d403c591d

こんにちは。街の屋根やさん上尾店です。今回はさいたま市で外壁の塗装を行いましたので、そちらのご紹介をしていきたいと思います。外壁には経年劣化による剥がれが多数生じており、黒ずみも見られました。外壁の補修も兼ねての塗装になります。

e5db07d7dd34851f0a102b310a07a068

こんにちは。街の屋根やさん上尾店です。気温差があり体調を崩しやすい時期ですが、ブログを読んでくださっている皆さま、いかがお過ごしでしょうか。今回はお家の前にある塀が破損してしまったということで、その補修と塗装を行いましたのでその工程をご紹介...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら埼玉上尾店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-924-200