越谷市でゲリラ豪雨の影響で棟板金剥がれ、スレート屋根は赤さび劣化です


本日は越谷市でスレート屋根と棟板金の現場調査を行いましたので、その様子をご紹介致します。
棟板金は、台風からのゲリラ豪雨で強い暴風や豪雨で破損してしまったとのことでしたので今回工事のご案内をする際火災保険を利用して工事が出来る旨もご案内させて頂きました(*^^*)!

※火災保険利用で工事ってどういうこと、出来るの?と思った方もいらっしゃると思いますので
その話を軽くご紹介しながら現場調査の様子をお伝え出来ればなと思います。
また私たち街の屋根やさん上尾店のホームページで火災保険についてもご紹介しておりますので、是非そちらもご覧頂ければなと思います!→火災保険についてコラム
越谷市お客様宅写真
ちなみに先ほどからお伝えしております現場調査に関しましては、無料で行っております。
現場調査は、工事を行う前に一度お客様宅の様子や劣化・破損具合を確認してお客様のご要望など
お伺いしたうえで工事内容やお見積りなどご案内させて頂きます。
その後お客様に工事をお考えいただき、ご注文頂けましたらお客様と日程の調整をして(天候によって若干変わる場合もございます)施工するという流れになります。

ゲリラ豪雨で剥がれた棟板金の様子は…?

棟板金剥がれの様子の写真
今回お客様宅で剥がれた棟板金は、平屋根の板金との事でしたのでまず初めに平屋根に上らせて頂き調査致しました。
写真で見てお分かりのように、板金が剥がれて下地の木がむき出しになってしまっていますね(T_T)…。
まだ剥がれていない板金はお客様が応急処置でテープで固定してくれたようでした。
棟板金の浮きの写真
ですが剥がれていない板金を横から見ますと、板金の釘が抜けてしまっているため浮きが起こっているのも分かりますね。かなり不安定な状態なのが写真で見ても分かるかと思います。
また棟板金は屋根全体のバランスを保っている場所でもありますので、ここが剥がれたり劣化したりしていると屋根が不安定になってしまいます…。
ちなみに棟板金って…?
棟板金とはスレート屋根(コロニアル屋根)の1番とがった場所に被せる金属の山型の板のことを
棟板金”と言います。
棟板金は屋根の中で一番出っ張っている場所なので、台風やゲリラ豪雨や竜巻などの天災に影響を受けやすい場所でもあります。ここの劣化をそのままにしておくと、今回のお客様宅のお悩みのように板金が剥がれてしまったり
板金が浮いてしまった隙間から雨水が入り込みやすくなり、下地の木が腐食を起こし雨漏りが起こってしまうという問題も起こってしまいます(>_<)
屋根の棟板金の様子の写真
また一番上の屋根の板金も調査致しました。
こちらは板金の剥がれはないものの、板金の赤さびが起こっておりました。
赤さびも金属の腐食を起こす厄介者なので、そのままにしておくと板金に穴があいたり破損したりなどが起こってしまいます。今回棟板金の破損や劣化しているのが確認できましたので、お客様には下地の木や板金、留め具などすべてを新しいのに取りつける工事の棟板金交換工事をご案内させて頂きました(*^^*)!
そして、今回お客様宅の棟板金はゲリラ豪雨による剥がれですので天災の影響だという事が分かりますので火災保険で施工するということもご案内させて頂きました。皆様のご加入されている火災保険の内容にもよりますが、火災保険に関する書類の流れや鑑定のサポートなど私たち街の屋根やさん上尾店がお助け致します(^^)/

スレート屋根は経年劣化で赤さびが…?

スレート屋根の赤さび写真
では次にスレート屋根の赤さびの様子を調査致しました。写真で見ても分かるように、赤さびがかなり激しいのが伺えますね(*_*)!スレート屋根は劣化すると屋根の塗装が剥がれやすくなり、傷が付きやすくなります。その傷が雨水や太陽光などの影響で赤さびが起こりやすくなります。
なので、赤さびが起こっているという事は屋根が弱っているよ~というサインを出しているという事が分かります。
屋根全体の赤さび写真
また屋根全体を写した様子がこちらになります。屋根全体も赤さびが広範囲に広がっているのが分かりますね。
ちなみに赤さびが起こっているという事はスレート屋根の塗装が剥がれているという事ですよね?
実はスレート屋根の塗装剥がれはかなり危険だというのを知っていますか?(;O;)



スレート屋根の塗装剥がれが起こると…?
なぜスレート屋根の塗装が剥がれると危険なのかと言いますと、スレート屋根はセメントや粘土材で
作られた屋根材になります。セメントや粘土材は水を浸み込みやすい性質を持っているのです。
なので水が浸み込まないように保護するために屋根の塗装を必ず行うのですが、その塗装が剥がれると雨水が浸み込みやすくなってしまうのです…。
そうなると、雨漏りが起こる…なんてことも起こり得てしまうのです。

屋根の棟釘浮きも発見しました…

屋根棟の釘浮きの写真
そして屋根の赤さび調査をしていると、スレート屋根の赤サビもひどいですが屋根板金の釘浮きも発見してしまいました…。先ほどお客様には棟板金交換工事をご案内致しましたので、釘ももちろん交換し打ち込みさせて頂けたらと思います。
また、スレート屋根の赤さびに関しましては今回屋根塗装工事をご案内させて頂きました(^-^)!

本日は越谷市で棟板金と屋根の現場調査の様子をご紹介させて頂きました。
今回は棟板金交換工事、屋根塗装工事をご案内させて頂きました。これらの施工内容で早くお客様のお悩みを解決出来ればなと思います。最近台風や大雨などで被害を受けて工事のお電話が大変多いですので、少しでも気になることや劣化して弱っているかも?という場所があれば、備えあれば患いなしで私たち街の屋根やさん上尾店にお問い合わせ頂ければと思います(*‘ω‘ *)!最後までご覧いただき有難うございました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

さいたま市北区で赤さびが発生していたスレート屋根の塗装工事を行いました!

北区 屋根棟 剥がれ
施工完成後 屋根 写真
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
屋根塗装
使用素材
日本ペイント パーフェクトトップ
築年数
築10年
建坪
保証
屋根棟 1年間 / 屋根塗装 15年間
工事費用
約55万円
施工事例

羽生市で、捲れて下地がむき出しになっていた外壁の塗装を行いました!

羽生市 外壁下地部分
羽生市 外壁施工後
工事内容
棟板金交換
雨樋交換
外壁塗装
足場
使用素材
パーフェクトトップ
築年数
約30年
建坪
保証
外壁塗装 5年間 / 雨樋交換 5年間 / 棟板金 1年間
工事費用
約80万円
施工事例

西多摩郡で雨樋交換工事の施工をしましたのでご紹介致します!

西多摩郡 施工前写真
西多摩郡 雨樋完成
工事内容
棟板金交換
雨樋交換
使用素材
合成樹脂雨樋
築年数
築25年
建坪
保証
5年間
工事費用
約7万円

同じ地域の施工事例

施工事例

越谷市で広範囲に赤さびで変色してしまったスレート屋根の塗装工事です!

屋根赤さび 越谷市
施工後 写真 屋根
工事内容
屋根塗装
足場
使用素材
パーフェクトベスト
築年数
築11年
建坪
保証
10年間
工事費用
約50万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

上尾市 お客様宅 写真

本日は上尾市でスレート屋根と劣化具合と雨樋の歪みを確認する為に現場調査にお伺いしましたので、その様子をご紹介致します。屋根と雨樋はお家の中でも劣化しやすい場所でお客様からのお問い合わせ内容でも多いお悩みでもありますのでしっかり調査させて頂き...........

川越市のお客様宅の写真

本日は川越市で台風15号が直撃した際、棟板金が弱ってしまいその後に来た雷雨が2日連続起こったため板金が剥がれてしまったとの事でしたので、急いで現場調査に向かいました。今回、台風やゲリラ豪雨などで沢山被害に遭われた方からお問い合わせが沢山頂き...........

上尾市のアパート写真

本日は上尾市でアパートの屋根棟と雨樋の現場調査を行いましたので、その様子をご紹介致します。棟板金は台風で剥がれてしまったのと、雨樋は経年劣化で歪みが気になっていたとの事でした。ちなみに棟板金は台風の影響との事でしたので天災被害と認められ、火...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら埼玉上尾店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-924-200