オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根の点検・修繕時期はいつ頃来るの?


こんにちは! 街の屋根やさん埼玉上尾店の勝部でございます!
前回に引き続いて、屋根の豆知識をご説明させていただきます。
屋根には耐用年数があり、チェックすべきタイミングがございますので、このコラムを読んだ後はご自宅の築年数と屋根材を調べて点検時期が来ていないか確認してくださいね。

屋根材の代表選手をご紹介いたします!

1f714e2d570206fb4a5606806e1d01f8_s-1
昔の日本なら、茅葺き屋根、銅ぶき、板張り、瓦などあり、高度成長期にはトタンやらなにやらとにかく家を建てまくって経済復興と生活の充実が計られました。
でも、高級で長持ちすると言えば、和瓦が一番、ついで銅ぶきでした。銅ぶきは一旦錆びて緑青(緑青)が付いて緑になるとそこからは緑青の膜で内部の銅が保護されて長持ちします。
和瓦は釉薬(ゆうやく)をつけて、ツルツルのピカピカにして汚れも水も弾くので、風で飛んだり、地震で割れたりしなければ人の一生涯持つほどの長寿命です。ただし、かなりお高いお値段となります。

昔のスタンダードを説明の後は現代のスタンダードの説明に入らせて頂きます。

スレート系(点検目安7~9年毎)

43bdbdc41f529afcfde67631a40d25fe-columns2

スレート系(点検目安7~9年毎)


代表的な屋根のひとつで、石質(セメントなどで混ぜて作る)の薄い板状で、色々な色が選べる代表的な屋根材です。


劣化すると表面の割れや反り、屋根面の下地の腐食などが発生します。その為、釘の浮きなどが発生して隙間ができ、そこから雨水が浸入します。

10年以上経過すると汚れやコケが付き、色あせも目立って来ます。

表面だけでなく、内部に腐食がないか点検を依頼しましょう。

d6efe47387050cb3b68372eef925e149-columns2
劣化したスレート材

表面に凸凹が目立ち、周縁部も削れているのがわかります。
実際に内部を見ないと正確にはわかりませんが、そろそろ雨水の侵入が始まりそうな様子です。

スレートは薄い板なので、下手に上に乗ると底が抜ける可能性があるので、自分で点検するのはやめましょう。

粘土系の和瓦(点検目安20〜30年)

0ec8bbd50c39426c25811c400e4642d9-columns2
和瓦(釉薬(ゆうやく)・釉薬なし)

寿命が長くて色落ちがほとんどないのが粘土瓦(和瓦)です。

素焼きと釉薬で表面をコーティングしたものがあります。

汚れがある場合は洗う、破損があっても部分的な交換を行うなどで対応が可能です。


稀に、接合部のしっくいが崩れていることがあるので内側の確認も必要。


和瓦苔むした
苔むして、落ち葉を乗せた和瓦

年輪を感じさせる趣のある苔むした瓦も良いものですが、コケや雑草を放置すると根っこから雨水を内部に引き込む原因になるので長持ちする粘土瓦とは言え、チェックは必要です。

地震や台風で吹き飛んだり、割れたりしない限りほぼ一生涯働いてくれるのが和瓦です。施工値段が高い分だけコストパフォーマンスに優れています。

金属系(ガルバリウムなど)(点検目安7~9年毎)

3e82d9a31d1eb3e79bfba5d739bf063f-columns2
和瓦(釉薬(ゆうやく)・釉薬なし)

金属板として、銅板が古くから使われていましたが、理由としては銅のサビである緑青(ろくしょう)が表面について緑色になれば、それ以後劣化が進みにくく長く使えることが理由です。


ですが、現代の主流はガルバリウム鋼板(合金)です。サビにくいことから人気があります。


無論、遮音性が無い、断熱性が無いなどのデメリットはありますが、安さと見た目で選ばれています。


d621e84daa6b1c3d8dd04fe930cad561-columns2
外壁としてもガルバリウム鋼板は使われています

寿命が長くて色落ちがほとんどないのが粘土瓦(和瓦)です。


前述したように、遮音性や断熱性能は弱いのですが、様々な色に対応し、価格の安さから多く選ばれています。


防音材、断熱材などを一緒に施工して欠点を補うようにしましょう。


昔は屋根も壁もトタンと言う家があり、私も住んでいましたが「夏は外より暑い」「冬は外と変わらない」と言う厳しい生活環境でした。(ガス水道なし3畳間でしたが10年住みました)

アスファルトシングル(点検目安10年)

9a3cce393bd5a333483754f9eac7e55e-columns2
アスファルトシングル

不燃布(ふねんふ)やグラスファイバー基盤にアスファルトをコーティングして表面の保護を行い、その上に傷にならないように細かい石粒や砂を乗せてアクリル樹脂などで固定させた屋根仕上げ材です。


アメリカの住宅の実に80%程度がアスファルトシングル(グラスファイバーシングル)となっています。


耐久年数は20〜30年ほどで、風に弱い特性があります。

シート常の素材なので、風に吹かれてめくれてしまうことがあります。断熱性も低いと言う特性があります。


また、素材のほとんどは輸入品で、日本で対応できる職人が少なめのようです。

d5ac83b3a76da2b3ef30c6e0e561e4fa-columns2
浮き上がり始めたアスファルトシングル

薄いシートを下から順番に重ねて施工されているので、雨が侵入しないようになっていますが、浮き上がり始めると風や毛細管現象で水が侵入してきて下地を痛めますし、アスファルトシングル自体の劣化が進んで行きます。


見た目を自分の好みに自由自在にデザインできるのがアスファルトシングルです。


しかも、施工できる職人がいればアスファルトシングルは安く施工できるデザイン性に富んだ屋根材です。

屋根材によって点検・修繕時期それぞれ違います

普段は頭上高くにあり、気にすることも無い屋根ですが、この機会に屋根材を確認して点検時期が来ていないか調べてみてください。


病気のガンと一緒で早期に発見すれば修理期間も費用も少なく済みます。

逆に、発見が遅れれば長期間の修理と費用が必要になってきます。


街の屋根やさん埼玉上尾店は点検無料ですからお気軽にご連絡ください。

お客様と訪問日を打ち合わせて、屋根に登って丁寧に確認させて頂きます。


最後まで読んで頂いて、ありがとうございました!

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら埼玉上尾店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-924-200