オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

台風や雷雨や雪害などでお家の破損が起きてしまったら火災保険で修理ができる⁉


皆様はお家をお住まい頂いた際、火災保険の加入をされた方がほとんどだと思います。
名前からして火災限定で、もし火災が起きたら保険が下りるんだろうな…といったイメージが強いかと思います。ですが実は火災保険は火災だけでなく、台風やゲリラ豪雨などの雷雨や雪害などで被害を受けてしまっても下りるってご存じでしたか(+o+)?
ご加入されている火災保険の加入条件によっても異なりますが、このような補償範囲がございます。
●火災(火災により住宅が燃えてしまったなど)

●落雷(雷で家電製品のショートが起こってしまったなど)

●爆発(ガス官のガス漏れ、スプレー缶のガス漏れで爆発が起きたなど)

●風災(竜巻などの強風でお家のガラスが割れたなど)

●水漏れ(漏水などでマンション上階から部屋が水浸しなど)

●水災(台風やゲリラ豪雨などで被害を受けたなど)

●盗難(泥棒に窓ガラスが割られた、家電製品を盗まれたなど)

●騒擾・集団による暴力行為(労働争議に巻き込まれてお家が破損したなど)

●建物外部からの物体落下、飛来、衝突(家に車で突っ込まれたなど)

などがあるのです!
これらに当てはまっていれば保険をご利用でき修理代の自己負担を少なくすることが出来るのです。
台風で剥がれた棟板金の写真
「火災保険が適用できる!」と言ってもどの状態だと認められて、またどの状態だと認められないのかお伝えしたいと思います。
まず、主に適用される事例をご紹介致します。(火災や天災などの影響によって起こってしまった)
・屋根 (棟板金の剥がれ、瓦の崩落、テレビアンテナの破損、屋根材の捲れなど)

・雨樋 (割れて破損、崩落など)

軒天 屋根の真下部分にある壁 (軒天の板が剥がれるなど)

・雨漏り(屋根や外壁などの外部が破損して雨漏りが起こっているなど)があります。

ですが火災保険の申請が適用されないケースもございます…。
主にその事例は、
・屋根 (屋根材、屋根板金の赤さび 塗装剥がれなど)

・被保険者に過失が見なされた場合(寝たばこ 暖房器具の消し忘れ 石油などのガソリンを使用したなど)

・地震、噴火、津波による損害(あまりにも被災規模が大きく保険会社の範疇を超えてしまうなど)

・お子様による過失で起こってしまった場合(子供の火遊びなど) があります。
皆様のご加入されている保険の内容によっても異なりますが、内容を今一度確認しておくことも必要です((+_+))!


台風による屋根の工事写真
次によくお問い合わせでも聞かれるのが、"火災保険が適用されると金額はどのくらい下りるのですか?"
というお問い合わせをよく頂きますので軽くではありますがご紹介出来ればと思います。
この金額もお客様の加入している保険や破損具合などによっても変わってきますので断定はできませんが
一般的には 損害認定額-自己負担額=保険が下りる金額 と言われています。

例えば…お家の損害認定額が30万円で自己負担額を3万円と設定していた場合
    30万円-3万円=保険で下りる上限金額が27万円となります。
※大抵は損害認定額未満の金額が下りると言われております。 
細かい金額を知りたい場合には一度保険会社さんにお問い合わせ頂き、"保険金を請求したい"と
伝えると申請の書類などをもらえ審査を行ってもらい金額を教えて頂けると思います(*'ω'*)
またその申請の仕方や審査でお家の破損状況のご説明なども私たち街の屋根やさんがしっかりサポートさせて頂きますのでご安心下さい!

最後に

本日は火災保険で工事ができる事についてコラムでご紹介させて頂きました。
思わぬ火災や天災などで被害がでてしまうと焦ってしまい、お家の工事どうしよう…と悩まれる方がほとんどだと思います。
この記事を読んで事前に知っておいたり、少しでも情報を知っておくだけで気持ちもだいぶ変わるかと思います。
皆様のご参考になれば幸いでございます。
また気になる点やご不明点がございましたら是非お気軽に街の屋根やさん上尾店までお問い合わせ下さい(*^^*)♪
喜んでお待ちしております。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら埼玉上尾店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-924-200